ベルギーの名門

重なったペアリング

エクセルコダイヤモンドにまつわる話題が活況を呈しています。 エクセルコダイヤモンドは、ベルギーに本拠地をおく名門であり、婚約指輪では、定評があります。そのファッション性やデザイン性は、多くのファンを虜にしており、日本人はもとより、世界中で愛されるブランドであるといえます。 エクセルコダイヤモンドは使うダイヤモンドにも徹底してこだわっているとされます。4Cと呼ばれるカラー、カラット、クラリティ、カットは、ダイヤモンドのランクを決める指標でありますが、この基準をクリアすることにとどまらず、ワンランク上のものにこだわり続けているといいます。そんなこともあり、エクセルコダイヤモンドの人気が衰えることはありません。

海外からダイヤモンドを買い付けるだけではなく、ダイヤモンド産業に携わりながら現地での雇用を創出しているのがエクセルコダイヤモンドです。 ボツワナに巨大ファクトリーを設立する事によって、南部アメリカの品質の良い宝石を格安で入手出来るルートを作り上げています。 世界最大のダイヤモンドの研磨チームに参加出来る程の、確かな技術力を持った研磨職人を雇っている企業でもあり、エクセルコダイヤモンドは様々な技術面で評価されているのです。 カット工程を通常の4倍程度に分ける事によって、より繊細なデザインも作り上げられる様にしているところでも、エクセルコダイヤモンドのこだわりが分かります。 エクセルコダイヤモンドで販売されている指輪は、どれも審査基準が厳しいというのも製造工程の細かいこだわりを見れば理解可能です。